So-net無料ブログ作成

夏の思い出 [イベント]

毎日眠気と戦っている金魚です。お元気ですか。

ここで、この夏の思い出をお話ししましょうか。

私は毎年8月に高知旅行をしています。
観光とはちょっと違います。
高校生のマンガの大会「まんが甲子園」を観戦しに行くのです。
さらに正確に言えば、まんが甲子園の審査員の一人に私の大好きな漫画家先生がいらっしゃるので、先生会いたさにはるばる高知まで行くのです。

知人から「今年の夏は宿がいっぱいでやばい」と聞いたので、予定の2ヶ月前にJTBに出掛け、ホテルの手配を頼みましたが、どこも満室と言うことでした。
一旦家に帰り、ネットで色々探した所、1泊目と3泊目は別々のホテル(同系列)ながら何とか押さえることが出来ました。
そこは過去に何度もお世話になっているビジネスホテルですが、エレベーターが無かったり、冷蔵庫がなかったりというなかなか悩ましい宿です。
その分安いとは言えそろそろ大人としてもっといいとこ泊まってもいいんじゃないかと、JTBさんにお願いすることにしたのが去年のこと。
ホテル難民となった今年、またその安宿さんのお世話になることになってしまいました。
そして、探しに探して、見つかった2泊目の宿が、和風の温泉旅館2食付き。
お値段は安宿さんのおよそ5倍。え、5倍!?
さすがに高いので、もう一度JTBさんに出向き、2泊目のキャンセル待ちを申し込みました。
せめて普通のビジネスホテルを!と、期待して。

そして、同じ時期に高知に旅行する誰かが体調を崩すなり、のっぴきならない事情なりでキャンセルするように不特定多数に呪いをかけながら、ホテルが取れました、というメールを心待ちにしました。

そして、とうとう来たメールには!!
「情報流出しました」
と書かれており、結局ホテルはギリギリまで待っても取れず終いとなったのでした。
(そう、タイミング的にまさにあの時期よJTB!!)

そんないきさつで、高知で私はずっと同じ市内にいながら、毎日チェックインとチェックアウトを繰り返すという、異例の滞在となったのでした。

ちなみに。
情報流出したのは店頭の申し込みではなく、過去に何度かネットで宿の手配をした際の情報だったので、別の送信元でしたが、JTBと書いてあったので私はてっきり「ホテル取れた!」と思い込んでしまったのです。

ああ・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。